1次感染者

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

母子手帳集団予防接種を受けて、B型肝炎に感染した方です。対象期間は昭和23年7月1日~昭和63年1月27日であり、この期間に予防接種を受けて、感染した人は、給付金を受け取れます。またウイルスのキャリアである方も、給付金を受け取れます。予防接種により幼児期に感染している方が対象となり、それ以外の方は給付金は受け取れません。ただ1次感染者だと証明するには、次の要件を満たさないとなりません。B型感染ウイルスに持続感染している、満7歳までに予防接種を受けており、そのことを母子手帳などで確認できる、母子感染でない、その他の感染原因がない、これらを満たさないとなりません。

該当する方は、給付金を請求できます。請求するためには、いくつか書類を用意しないとならず、必要書類を集めましょう。B型肝炎ウイルス検査結果の書類、母子手帳、過去1年分の医療記録、父親からの感染ではないことの証明書、予防接種台帳の写しを用意します。ただし、予防接種台帳の写しは、すでに自治体で処分していることも多いので、こちらはなくても構いません。母子手帳の記録で予防接種を受けた記録が見つからないときは、病院に行き、接種痕の意見書を作成すれば、代わりとなります。また、すでに死亡している方でも、B型肝炎による死亡であれば、給付金が出ることもあります。