2次感染者

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

母集団予防接種により感染の1次感染者の子供も感染している場合であり、つまり母親の子供になります。もともとは母親からのみの感染が給付対象となっていましたが、平成26年に父親からの感染も確認されたために、父母どちらからの感染でも、給付対象となっています。親子間での感染となり、自分が症状を発症していなくても、兄弟が発症し、自分もキャリアであると判明することもあります。家族の誰かが感染してれば、他の方も感染している可能性が高いです。父母が1次感染者としての要件を満たしている、子供も感染している、母子感染である方が条件です。

これら3つの要件を満たし、2次感染者となっていると、給付金を請求できます。給付金請求時には、B型肝炎ウイルス持続感染者を示す書類、B型肝炎ウイルス持続感染者を示す書類、現在の診断書、母親・父親が一次感染者だと証明する書類これらが必要です。重要な部分として、父母が1次感染者となっており、それが予防接種が原因でないとなりません。そのために、予防接種以外で感染し、子供が2次感染者となっても、給付金請求は出来ません。すでに父母が亡くなっているような方であれば、医療記録などにより、感染ルートを証明できれば、請求可能です。