3次感染者

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

注射器2次感染の親から、B型肝炎を感染した子供は、給付金を請求できます。1次感染者から見て孫となり、祖父母が感染しているならば、孫も感染の可能性は出てきます。また父母が感染していても、子供も感染している可能性は高いです。予防接種で注射器を使い回していたのは、1941年から1988年までとなるので、現在70代の方で1次感染者となっている可能性があり、孫まで感染し、親子3代で請求できるかもしれません。祖父母に1次感染者がいる方で、2次感染の父母を持つ方が条件です。

この2つの条件を満たしていれば、孫も請求できる可能性はあります。平成26年からは父親からの感染でも、条件を満たせば請求できます。請求時の必要書類としては、母親・父親が二次感染者だと証明する書類の他に、2次感染者の書類とほぼ同じです。

給付金の請求額は、症状により違います。キャリアの方、慢性B型肝炎やB型肝炎、肝硬変、肝ガンなどあります。現在感染していると考えられる方の1割程度しか請求がなく、このために政府は平成34年まで、請求期間を延期しました。請求から普及までは、およそ半年から1年程度かかるので、早めに請求を行った方がよいです。期間を過ぎると、完成していても給付はされません。